白い歯 ホワイトニング ランキング

白い歯になれるホワイトニング歯磨きをご紹介します

このページでは、きっちり磨けば白い歯になれるホワイトニング歯磨きのおすすめをランキングでご紹介します。

 

白い歯になれるホワイトニング歯磨きをご紹介します

 

歯の黄ばみが落ちない。

 

歯の色がコンプレックス。

 

口元に自信がない。

 

などなど、歯の色に悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

白い歯になれるホワイトニング歯磨きのおすすめランキングです

歯が黄ばんでいると、老けて見られることもあります。その逆に、歯が白いとかなり若く見られます。

 

白い歯になれるホワイトニング歯磨きのおすすめランキング

 

これを書いている私も(37歳女性)も、黄色い歯がコンプレックスでした。色々な歯磨きを試し、真っ白な歯を手に入れました。歯が白くなってからの私は、いつも実年齢より若く見られます。20代後半とか30代前半に見られることが多くなりました。

 

歯は美容歯科に行かないと白くならない。こう思っている方も多いと思いますが、ホワイトニング歯磨きだって、きっちり磨けばしっかり歯は白くなります。現に私の歯は白くなったし、私の知り合いもホワイトニング歯磨きで白くなりました。

 

このランキングは、色々なホワイトニング歯磨きを試した私の体験や、ネットの口コミなどを参考に作りました。

 

9877

薬用 ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

  • 歯に付着した汚れをしっかり落とす
  • 歯の黄ばみ、ステインを除去
  • 虫歯リスクをとことん軽減します
  • 近くで話すのが気にならない
  • 6冠を達成したホワイトニング王者
  • 美容雑誌でも話題
  • 笑顔が増え、毎日がハッピーです

価格 3,980円
評価 評価5
備考 今一番売れているホワイトニング歯磨きです
薬用 ちゅらトゥースホワイトニングの総評

薬用 ちゅらトゥースホワイトニングは、私の歯を白くしてくれました。その経験から自信を持っておすすめできます。

ちゅらトゥースホワイトニングは、使えばすぐ歯が白くなるという即効性の効果はありません。でも、歯を傷つけずに白くするのは穏やかに汚れを落とすしかありません。それはどのホワイトニング歯磨きも一緒です。

その中でもちゅらトゥースホワイトニングは、黄ばみなどの着色汚れを浮かせて分解し、汚れを包み込んで除去してくれます。さらに、再付着することも防いでくれます。これらの効果で、ちゅらトゥースホワイトニングは本来の白い歯に戻してくれるのです。

お口の中を健康に導き、虫歯、歯周病、歯肉炎など口臭の予防にも効果を発揮してれくれます。これにより、歯茎も健康なピンク色となり、白い歯との相乗効果で、歯全体から見える若々しさが一層引き立ちます。

もしホワイトニング歯磨きに迷っているなら、ちゅらトゥースホワイトニングを選べば確かだと思います。

5345

はははのはの特徴

  • いつもの歯磨きを替えるだけ
  • 製薬会社と共同開発
  • 歯によくない成分は一切使っていません
  • 笑顔が増え、若く見られます
  • 寝てい間もしっかりホワイトニング
  • ポーチに入れやすいから持ち運びに便利
  • 10日間の返金保証あります

価格 1,980円
評価 評価5
備考 満足度91パーセントと利用者の評価が高いです
はははのはの総評

「はははのは」は口コミで人気が広がり、いま愛用者をグングン増やしているホワイトニング歯磨きです。

歯が白くなる!と、ネットで人気が広がり、注文が殺到!在庫切れが続き、まったく手に入らない時期が数ヶ月続いたほどです。

お値段も、ホワイトニング歯磨きの中では安く、一日あたり66円とコスパも良い製品です。研究開発からすべてが女性スタッフが中心となって運営されており、きめの細かい心配りが人気の秘密です。

研磨剤、漂白剤、発泡剤、着色がすべて不使用なので、長く使っても安心な無添加歯磨きです。

こちらも歯をすぐ白くする即効性の効果はありませんが、穏やかに確実に汚れを浮かして歯を白くしてくれます。コスパ重視の方におすすめしたいホワイトニング歯磨きです。

10075

プレミアムブラントゥースの特徴

  • 世界5カ国で売り上げ1位
  • 世界中のセレブも愛用
  • 歯科衛生士もおすすめ
  • オーガニック成分がたっぷり
  • 輝く白い歯になれます
  • 天然素材の力で歯をコーティング
  • 厳しい基準のGMP認定工場で製造

価格 3,980円
評価 評価4
備考 オイルプリングもできるホワイトニング歯磨きです
プレミアムブラントゥースの総評

ホワイトニング歯磨きの世界チャンピオンといってもいいのがプレミアムブラントゥースです。ついに日本でも販売が開始され、売れに売れているそうです。

販売当社はSNSであっという間に広がり、常に在庫切れと表示されていたほどです。

アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、スペインで売り上げ1位のホワイトニング歯磨きですから、その効果は証明されたようなものです。

パパインの酵素で歯の黄ばみをごっそり落とし、ウーロン茶エキスで虫歯の原因菌を抑制、ココナッツオイルで歯が再び汚れないようにしっかり保護します。

また、返金保証もホワイトニング歯磨きとしては最長の90日間が設定されており、安心して始めることができます。

おすすめは1位のちゅらトゥースホワイトニングです

ここまで、白い歯になれるホワイトニング歯磨きのおすすめ製品を紹介してきました。どれもおすすめですが、私が一番オススメなのはダントツで1位のちゅらトゥースホワイトニングです。

 

おすすめは1位のちゅらトゥースホワイトニングです

 

ちゅらトゥースホワイトニングを推すポイントして

 

  • 医薬部外品で厚生労働省が認めた製品である。
  • 歯科医師も推薦している。
  • ホワイトニング歯磨きの中では飛び抜けて口コミがいい。
  • 長く続けても歯への負担がなく、安心して使える。
  • 歯磨き本来の目的である虫歯予防効果が高い。

 

などの点があります。

 

また、実際に私もちゅらトゥースホワイトニングを使ったら歯が白くなったので、自信を持っておすすめできます。さらに、私の知り合いに使ってもらったら、知り合いもちゅらトゥースホワイトニングで歯が白くなりました。

 

コスパはあまりよくありませんが、安くても歯が白くならない歯磨きを使っても意味がありません。まずは3ヶ月。しっかり磨いて、白い歯を手にいれませんか?

 

おすすめは断然ちゅらトゥースホワイトニングです

歯に着色が起きる原因は?【コラム】

通常では、歯はうっすらとした象牙色をしており、真っ白というわけではありません。しかし、定期的な歯磨きをしていないと、歯に着色汚れが付いてしまい、黄色くなってしまいます。着色汚れがひどい場合には、歯が茶色っぽくなってしまうこともあり、汚れが非常に目立つようになります。

 

歯に着色が起きる原因は?

 

歯の着色汚れは、ステインと呼ばれています。ステインの原因となるものには様々なものがあり、赤ワインやチョコレート、コーヒーなどが知られています。また、タバコを吸っていると、歯にニコチンが付着することが多く、着色が非常に目立つようになることがあります。

 

歯の表面はエナメル質によって覆われています。このエナメル質は、唾液が作り出すペリクルという薄い膜でさらに覆われており、虫歯を防いでいます。しかし、ペリクルは、ステインの原因となるタンニンやニコチン、金属イオンなどと結びつきやすく、歯の着色の大きな要因になってしまいます。また、定期的に歯からステインを落としていないと、加齢とともに着色がひどくなってきます。

 

コーヒーや紅茶に含まれているタンニンという色素は、非常にペリクルと結びつきやすいです。その結果、歯に色素が付着してしまい、着色汚れが目立つようになります。ニコチンの場合は、ペリクルと結びついているわけではなく、歯に直接付着しています。年を重ねると、色素汚れは歯に固定されていくので、通常の歯磨きやうがいだとステインを落とせなくなります。

 

ペリクルは、エナメル質を覆うことにより、歯を虫歯から守ってくれています。しかし、その性質上、非常に色素と結びつきやすく、ステインの原因にもなってしまいます。コーヒーや紅茶を飲んだ後は、すぐに歯磨きやうがいをして、歯に色素を付着させないことが大切です。また、ステインが長時間歯に付着したままだと、歯磨きやうがいでは落ちなくなってしまいます。本格的にステインを落とすならば、歯科で相談することが推奨されます。

 

歯を白くする方法あれこれ【コラム】

歯を白くする方法として毎日の歯磨きがありますが、ステインが付着すると簡単には白くなりません。ステインとは着色汚れのことであり、お茶やコーヒーをよく飲んでいる方は付着しやすいです。歯垢は歯磨きで落とすことができますが、ステインは簡単ではありません。ホワイトニング歯磨きを使用して研磨していく方法もおすすめです。ホワイトニング歯磨きの使用で注意したいのは、使用頻度を守ることです。毎日使用できるタイプもあれば、週に2回以内などと指定されているタイプもあります。

 

歯を白くする方法あれこれ

 

もしくはクリニックで歯科医の治療を受けるという手もあります。ブラッシングは本来歯を白くするものではなく、汚れを落とすものです。歯垢が付着して石灰化すると歯石になり、すると表面がザラザラするのでさらに歯垢が付着しやすくなります。ステインも同様であり、ひとたび付着するとさらに溜まりやすくなるのです。これらの汚れをホワイトニング歯磨きでキレイにすることは可能ですが、それ以上に白くすることはできません。

 

自分本来の歯を超えて白くするためには、クリニックでホワイトニング施術を受けるのがベストでしょう。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングがあり、それぞれ自宅、クリニックで行うものです。歯質を変えて白くしていくので、本来の自分の歯より白くすることができます。歯科医のクリーニングとホワイトニングを混同している方は多いですが、クリーニングとは洗浄のことを意味します。ブラッシングでは落としにくい汚れを除去して歯をツルツルにしてくれます。

 

歯の着色汚れを防ぐためには、食後に歯磨きをするのが一番です。これができない場合はうがいをしておくだけでも違います。それから歯磨きガムを噛んでおけば、ステインの付着を抑えられるでしょう。ステインは歯垢より落とすのが難しいので、付着させないケアが大切となってきます。歯磨きガムは噛みごたえがしっかりしており、顎関節症を予防するためにも役立つのです。

 

私は歯を白くする方法を色々試しましたが、やはり一番おすすめはホワイトニング歯磨きを使い根気よく磨き続けることです。安全で確実、そして再び歯が黄色くなることはありません。植物の力で穏やかに白くするので、歯が白くなるのに時間がかかる人もいますが、それだけ安全だということです。

 

おすすめは断然ちゅらトゥースホワイトニングです